2015.03.22 Sunday 00:41

ものの価値

n050322-2

昔、ベトナムに旅をしたことがあって、
ハノイで大阪の女の子と知り合った。
その子とは2、3日、同じホテルで過ごし、一緒にお土産を買った。
二人とも、ベトナムによくある刺繍のお店で、シーツを買った。
のりがぱりぱりについていて、手刺繍が施されてる、白い綿のシーツ。
一年後くらいに、彼女の家に泊まらせてもらえる機会があって、
そこで、彼女のベッドに寝かせてもらった。
ベッドには、一緒に買った、ベトナム製の白いシーツがかけてあった。
使い込まれ、洗い込まれて、生地そのものまで、見違えるように柔らかく美しく、
綿糸で施された刺繍部分はほどよく毛羽だっていて、
寝そべって、その気持ちよさに、大きなため息がでた。
ほぼ同じものを買ったはずなのに、わたしのシーツは、ほとんど使っておらず、
数回洗濯したものの、ベトナムの頑丈な糊がそれくらいでとれるわけもなく、
いまだごわごわしたままだ。
ああこれ、失敗した買い物だったかも!とわたしは思っていたのだ。
どうせ糊がとれても、粗悪な質の綿だったのかも!なんて思って、放置していたのだ。

適切に手入れして、使い込む、能力ってある。
そうして、引き出されるものの美しさもある。
ものの価値をちゃんと享受できるのも、だめにしてしまうのも、
その人しだい。
雷がかるーく落ちた感じで、情けなさにため息がでた。

その夜は、気持ちよく眠らせてもらった。
その気持ちよさのぶんだけ、深く記憶に残って、今も心に住み着いている。


1117blog

七月のアクセサリたちについて。

「日々、身につけるもの、日々、身に纏うもの。日常のためのアクセサリ」
というコンセプトで展開しています。
日常はなだらかじゃなく、小さな起伏にみちているけど、
身につけることによって、少し楽しく、
少し特別な、日常を過ごせるように…と考えてつけました。
そしてそういう日々をたくさん過ごして、いつか大事なそのひとだけの宝物になれたら、
という願いも込めています。


namida(一粒タイプのプリンセスネックレス)シリーズの石たちは、一粒だけで存在感があり、宝物感のあるものを、と選びます。
石は連で仕入れることがほとんどですが、たくさんあるなかでこれなら、と思えるのは
一連のなかで数個、一個だけのこともあります。
選んでくださったかたが、
見るたびにうれしくなれるような石を、という気持ちで選びます。
自信をもっておすすめできる石たちばかりです。

天然石の場合、
傷、欠け(クラック)や内包物(インクルージョン)はつきものですが、
それを含めてもなお魅力的だと思える石を選んでいます。



14金ゴールドフィルドは、
メッキとは違って全体量に対する金の比重が20分の1はあること、と決まっています。
厚い層で芯を覆う作りになっているので、通常の使用ではがれてくることもほぼありません。
18金や14金、10金に比べて安価であり、価格を抑えやすいことも魅力です。

また、適切な手入れをすることにより、美しさを長く保ち、石をひきたてていくことができます。
適切な手入れを適切な時期に、続けて行うことは、少し面倒と思うこともあると思いますが、
「手入れ」、自分の持ち物に手をかける行動は、よりそのもの自体を大切に思えることにもなるし
よいことでもあるなあ、と個人的には思っています。

キレイに保ついちばんのポイントは、やっぱり保存の仕方かなあと思います。
こちらの記事(保存とお手入れについて)手入れ、保存についてまとめています。
ゴールドフィルドは真っ黒になるまで放置すると、なかなかもとには戻りにくいので、ぜひ数ヶ月に一度はチェックしてください。





2011年に書いていた下書きを発掘…加筆してアップします。

2014.04.18 Friday 05:20

つれづれ

たくさん石を触っていると、
石に対する目が肥えたり、厳しくなったりする傾向もあるけど
逆に、どんな石でも、それなりに美しさを持っていることがわかってきてしまう。
一期一会な石ほどいとおしくなる。
つまり、
傷が全然ないクォリティの高いカットも完璧な石はそれもいい、
でも、そこにこだわりすぎると、じゃあ、ガラスでいいじゃない?という気持ちも抱いてしまう。
質の良い工業製品に通じるものを石に求めたくない。
七月で扱う石たちは、特別に値段の高いもの(たとえばルースになるような)ものもあるけど
内包物であふれた、だからこそひとつひとつ違っていて、(うーんこれも陳腐な言い回しだけど)
これはこれだけなんだよね、と素直に納得できる石たちが多い。
だからって、傷だらけで見ているのが悲しくなるような石ももちろんあるし、
そういうのは、ごめん、て気持ちで脇へよける。
捨てられないけど、使えない。それはそれで、瓶にでもいれてしまっておけばいいから。
(それでも、namidaに使う石はかなり厳しくわけています。一粒なので。
 写真でしかお伝えできないし、手にできてうれしい、と思ってもらえると思えるものを
 時間をかけて選びます)

内包物も傷もあっても、見つめるほどに、美しい、という気持ちが薄れてゆかないもの、
を使っていれば、
あとは色合わせ、素材合わせに心を砕ける。
七月の特徴は、ここにあると思う。
(ここにしかないように思う)
もっと自由に、組み合わせていけたら。
もっと自由に、美しいものを作っていきたい。

石言葉とか、誕生石とか、あまり詳しくないし、
あまり、気にしたこともないつもりだけど
自分の誕生石は、知っている。
誕生石で、石を選ぶのも、いいと思う。
誕生日石でも、星座石でも。
石をえらぶのって、どんな理由でも、いいと思う。
ただ、見て、わあ、って思ったものを選んでもらえたら、
やっぱりそれが理想。
そういう気持ちが生まれるものを、たくさん制作していくために、
うん、そう、がんばりたい。
心を穏やかに保って、凪いでいる水面みたいに保って、
制作を続けたい。
続けていきたい。

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
七月について
category
new entry
link
search
archives
other